So-net無料ブログ作成

アントマン [映画]

auビデオパスにてアントマンを鑑賞。
最近は便利なもので、所有するクロームキャストのおかげで、スマホの映像をテレビに出力できるのだ。

マーベルシリーズは『アイアンマン』から『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』までで『アントマン』だけが未見。

少しコメディタッチな予告編からアベンジャーズとはそんなに関わらないのかな、と思っていたら、シールドも出てくるわ、ファルコンとの絡みはあるわ、エンディングではアッ!というシーンも(先にシビル・ウォーを観てしまったので順番通りに観た人ほどの驚きはなかったが)。

ダメ人間の主人公が少しずつヒーローになり、自覚も出てくる様は誰もが応援したくなるはず。

アクションも体の小さくなったり、大きくなったりを効果的に使っていて、今まで見たことのない映像に興奮させられる。

続編にも期待。

あ、アベンジャーズにもまだ出るのかな?

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガタカ [映画]

イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ出演、アンドリュー・ニコル監督のSFサスペンス。

遺伝子操作によって生まれたものを優秀な人材とし、自然に生まれてきたものを優秀ではない人材とする差別社会が舞台。
主人公は差別される自然に生まれてきた人間。
宇宙飛行士を夢見ながらも、所詮かなわぬ夢と生きてきたが...。

ストーリーもキャストも言うことなし。
勇気をもらったり、泣けたり、色んな感情が湧き出てくる映画です。



アンドリュー・ニコル監督を気に入ったなら『トゥルーマン・ショー』『シモーヌ』もおすすめ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アップサイドダウン 重力の恋人 [映画]

キルスティン・ダンスト、ジム・スタージェス主演。
2つの重力によって貧富の別れた世界で引き裂かれた男女のラブ・ファンタジー。

上の世界と下の世界の重力の境を描くシーンや、SF的映像は予告編で観た時から興味を持っていました。
ちょっとひねった恋愛モノが好きな自分はここでハードルを上げてしまったかも...。

観終わってすぐに思い出した映画が『ガタカ』。
そんな感じの映画です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クレイマー、クレイマー [映画]

アカデミー作品賞、ダスティン・ホフマンがアカデミー主演男優賞、メリル・ストリープがアカデミー助演女優賞受賞の夫婦の離婚を描いたドラマ。

フレンチトーストというものを初めて知った映画。
初めて観た子供の頃はそれしか印象に残っておらず...。

家族を持ったいま観てみると、いろいろ考えさせられます。
ハリウッド映画のよくあるハッピーエンドとは違うリアルさを感じました。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファイナル・カット [映画]

記憶が脳に埋め込まれたチップ記録され、そこからメモリアル映像を制作する編集者をロビン・ウィリアムズが演じるSFサスペンス。
ロビン・ウィリアムズの【暗い方の映画】。
個人的にはダークな世界観と、過去の記憶に悩まされるロビン・ウィリアムズ、好きです。

今となっては彼の新作を観ることができないのが残念でなりません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日 [映画]

コメディアンのセス・ローゲン監督、主演。
ジェームズ・フランコ他ハリウッドスターが自身の役で出演してるディザスターコメディ。
日本未公開だが、無駄に大作感にあふれている。
ハリウッドスターがみんな自分勝手で、自分だけはなんとか助かりたいというエゴむき出しのくだらなさにハマれば面白いはず。

最後に出てくる、超意外なスターにも驚かされる。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トランスフォーマー/ロストエイジ [映画]

シリーズ4作目。
毎回、特にこれといったひねりもないストーリーですが、アクションシーンのド派手さだけに誘われて観ていました。

ただ、今回はさすがに飽きてきてしまいましたね。
上映時間2時間半以上、恐竜キャラ、中国の不自然さ。
今までのファンでもがっかりな出来でした。

こういう映画は100分くらいがちょうどいい。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

モンティ・パイソン!! [映画]

NHK BSで放送した時に、録画忘れて後悔していたら嬉しいお知らせが!



ポニーキャニオン様、ありがとうございます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

IMAXで『トロン:レガシー』 [映画]

観たいみたいと思いながら周りの評判が非常に悪く、伸ばし伸ばしにしていた『トロン:レガシー』を地元ユナイテッド・シネマ浦和のIMAXシアターで観てきました。

いきなり感想を言わせてもらうと、
「そんなに言うほどつまらなくないんじゃない。いや、むしろ期待に近い面白さだった。」
です。

観た人が言うには予告編で観たような派手なシーンは少しで、退屈だった、と。

この映画は地味な正月映画の中では、選択肢になる映画だとは思いますが、観る人を選ぶ映画ですね。
前作の存在を知らない人も多いし、宣伝だけで選んじゃった人は厳しかったと思います。
あとダフト・パンクのサントラに魅かれた人。

普段からSFだとか、デジタル系コンテンツに興味がある人向けですね。
そういう人は手に汗握って楽しめる作品です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 [映画]

10/28(水)、一般公開より数時間前に行われた『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の披露試写会に参加。
13時からの上映だったが、劇場窓口ではすでに19時の初回上映は売り切れ状態。
世界的スーパースターの死は今まで興味を持たなかった人までファンとなり、最後のツアーとなるはずだった「THIS IS IT」は映画となって公開されることとなった。

いろいろな意味で泣けてくる映画だった。
映画を見ることであらためてマイケルがこの世にいないことを痛感した。
リハーサルのクオリティの高さは、このステージが実現したらファンの期待以上の最高のステージになったに違いないと思わずにいられない。
その時の最高の技術を駆使して、ファンに最高のステージを見せてくれる。

過去に『デンジャラスツアー』『ヒストリーツアー』とマイケルのステージを見たことがあるが、その時に感じた身震いを今回も感じた。

マイケルファン以外には「?」な映画かもしれないが、マイケルファンは追悼の意味を込めて、マイケルの最後の姿を見に行くことをお勧めします。

確かにリハーサルなので軽く流していたり、意識的にセーブしてフルボイスで歌わなかったりと、厳しい目で見ればこんなの本当のマイケルじゃない!とも言えるが、もはやこういった形でしかマイケルを見れないとなるとそんなことも言ってられない。

ブルーレイが発売されたら絶対買います。
予測では特典として
・未公開シーン
・スリラー3D(劇中では3Dではなかった)
は収録されるのでは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。